東京都国分寺市のテニススクール JR中央線・武蔵野線「西国分寺駅」より徒歩8分

スポーツクリエイト
にしこくテニススクール

042-573-0667

スタッフブログ

2018年05月12日

両手と片手どちらがいいのか

片手のバックハンドスライスにあこがれてテニスをはじめた福原です。

しかしレッスンでは両手を教える事が多く、必死に両手を練習しています。

 

初心者クラスではよく聞かれますが、今日の話は永遠のテーマ「両手と片手どちらがいいか?」です。

これに関しては何年たっても結論は出ませんね。

どちらが優位なのか?もしも一方が優位であればすべてのプロ選手がそれにしているでしょう。

フェデラー・ワウリンカ・ガスケ・ティエムの片手バックとナダル・ジョコビッチ・マレー・錦織の両手バック。両手バック選手が多く両手優位ながらも未だ決着つかず!の状態でしょうかね^^;

片手はリーチがあり遠いボールが届く!という人がいますがそれは違います!(キッパリ)

スライスならともかく、スピンやフラットは打点をかなり前でとらえなくてはならず、相当近づく必要があります。

よってインパクトの形で比べると両手のほうがリーチは広くなります。

スライスにすれば片手のほうが広いのは当然ですが、両手打ちの人もスライスは片手ですもんね^^v

 

ん?ってことは何のご利益があって片手にするのか?

そうです。これしかないです。パワーなのです(`・ω・´)

身体全体を使うと片手のほうが加速しやすく、良い打点でとらえられればとてつもない威力のボールを打つことが可能なのです。

しかしうまくはまらないと悲惨な状態になるのも片手の特徴・・・(‘◇’)ゞ

 

一方両手は忙しいので、下半身や上体のパワーをじっくりと伝えきれない不利はあるのですが、準備動作が小さいので、コンスタントにそれなりのパンチで打つことができる。

それと打点が少しくらい前後にずれても打てるので技術レベルが低い人でもそれなりに打てることが相当なメリットですね。

しかも高い打点でパンチのあるショットが打てるのもかなりのメリットですね^^

以上のことからプロも両手が多いのではないでしょうか。

 

レッスンをしていても感じますが、片手はすごく上手いか、ぜんぜんだめのどちらか。両手はダレでもそれなりに、という傾向があるのです。

そうしたらコーチとしても、一刻も早く楽しくラリーをしてもらいたい気持ちから両手を教えることが多くなるのはわかりますよね(^-^;

ではどちらにしたらよいか!

結論は両手打ちのほうが簡単にコンスタントに打ち返せるようになるので、早く打てるようになりたい人は両手打ち!高い打点をヒッパタキたい人は両手打ち!ナダル・ジョコビッチ程度で満足な人は両手打ち(‘◇’)ゞ

バックハンドを大砲のようにズドンと武器にしたい人!フェデラーや福原コーチにあこがれている人は片手打ち(´∀`*)ウフフ

PS  片手のバックハンドスライスは、片手打ちの人はもちろん、両手打ちの人もマスターしておきましょうね(^o^)/

投稿日:
2018年05月12日
投稿者:
user

〒185-0032 東京都国分寺市日吉町1-39-3
TEL:042-573-0667
営業時間:月~金/9:00~20:00 土/8:30~18:30 日/8:30~17:30

株式会社スポーツクリエイト

スポーツクリエイトにしこくテニススクール

株式会社スポーツクリエイトは
「プライバシーマーク」
使用許諾事業者認定を受けております。