スポーツクリエイト > 新着情報 > 6年振りの開催!年末の風物詩、テニス事業所対抗戦結果報告

新着情報

6年振りの開催!年末の風物詩、テニス事業所対抗戦結果報告

投稿日:2018.01.16

2017年12月29日(金)高田馬場シチズンプラザテニススクールにて、6年振りとなる「コーチ達の意地のぶつかり合い」であるテニス事業所対抗戦をテニススクール事業に携わる全事業所参戦で実施しました。

スポーツクリエイト、正木企画、カスタネット倶楽部、3社がパートナーシップを結び、新しいスポーツクリエイトとして最初の事業所対抗戦。

コーチの部には株式会社正木企画から用賀のグリーンエイトテニススクールに、また昨年10月より上福岡事業所にて運動神経向上教室『VEGA』を共に立ち上げたコードブック株式会社の細野社長、山本トレーナーにもフロントの部に参戦いただき、応援に駆けつけていただいたお客様を合わせると総勢200名を超える熱気が、真冬の寒さを吹き飛ばし熱い戦いが繰り広げられました。

試合方法はコーチの部は、ダブルス3本の団体戦です。12チームを4リーグに分け、リーグ1位のみ決勝トーナメントに進みます。フロントの部はトーナメント戦にて行いました。リーグ戦、決勝トーナメントの結果は以下の通りです。

  • League1

【高田馬場A 対 八千代B】

ダブルス3 筬井・新堀  4-⑥  海本・市川

ダブルス2 石川・江口  ⑥-5  牛山・上田

ダブルス1 首藤・小副川 ⑥-2  田中・安藤

八千代B 対 高井戸

ダブルス3 海本・市川  ⑥-2  木下・細川

ダブルス2 牛山・上田  ⑥-5  末次・榎本

ダブルス1 田中・安藤  4-⑥  小黒・加藤

高田馬場A 対 高井戸

ダブルス3 筬井・新堀  ⑥-3  秋山・千田

ダブルス2 石川・江口  ⑥-3  末次・榎本

ダブルス1 首藤・小副川 0-⑥  小黒・加藤

 

  • League2

八千代A 対 竹の塚B

ダブルス3 熊倉・中野  ⑥-1  秋元・平岩

ダブルス2 平井・前田  ⑥-2  関・霜崎

ダブルス1 熊坂・日置  ⑥-1  丸山・瀧田

グリーンエイト 対 竹の塚B

ダブルス3 川畑・岸本  ⑥-2  山口・平岩

ダブルス2 瀧村・田村  2-⑥  丸山・瀧田

ダブルス1 山崎・川畑  ⑥-2  関・霜崎

グリーンエイト 対 八千代A

ダブルス3 田村・山崎  1-⑥  熊倉・中野

ダブルス2 岸本・川畑  0-⑥  平井・前田

ダブルス1 山崎・瀧村  0-⑥  熊坂・日置

 

  • League3

竹の塚A 対 上福岡B

ダブルス3 土屋・大塚  ⑥-2  松添・猪鼻

ダブルス2 大島・田中  ⑥-1  吉野・伏見

ダブルス1 原田・河合  ⑥-0  後藤・濱田

竹の塚A 対 金沢八景

ダブルス3 大塚・土屋  ⑥-4  池田・肥後橋

ダブルス2 原田・河合  ⑥-3  仲松・坂

ダブルス1 田中・大島  ⑥-3  菊地・小平

上福岡B 対 金沢八景

ダブルス3 松添・猪鼻  3-⑥  池田・肥後橋

ダブルス2 吉野・伏見  2-⑥  土井・坂

ダブルス1 後藤・濱田  ⑥-5  菊地・小平

 

  • League4

上福岡A 対 高田馬場B

ダブルス3 平野・後藤  ⑥-2  西潟・鈴木

ダブルス2 浅野・徳重  ⑥-2  中村・渋谷

ダブルス1 角田・中野  ⑥-3  森田・栗原

にしこく 対 高田馬場B

ダブルス3 福原・相澤  ⑥-3  西潟・鈴木

ダブルス2 橋爪・縣   ⑥-0  中村・渋谷

ダブルス1 横田・河崎  ⑥-3  森田・栗原

上福岡A 対 にしこく

ダブルス3 平野・浅野  ⑥-0  福原・相澤

ダブルス2 徳重・中野  5-⑥  橋爪・縣

ダブルス1 角田・後藤  2-⑥  横田・河崎

 

  • 決勝トーナメント

【準決勝①】八千代A 対 高田馬場A

ダブルス3 石川・江口  5-⑥  熊倉・中野

ダブルス2 筬井・新堀  5-⑥  平井・前田

ダブルス1 首藤・小副川 打切   日置・熊坂

【準決勝②】竹の塚A 対 にしこく

ダブルス3 土屋・大塚  3-⑥  福原・相澤

ダブルス2 原田・河合  ⑥-2  橋爪・縣

ダブルス1 大島・田中  ⑥-3  横田・河崎

【決勝】竹の塚A 対 八千代A

ダブルス3 土屋・大塚  2-⑥  熊倉・中野

ダブルス2 原田・河合  ⑥-2  日置・熊坂

ダブルス1 田中・大島  ⑥-2  平井・前田

 

  • フロントの部

  • 久しぶりの事業所対抗戦を通じて感じたこと

「やっぱりみんなテニスが大好きということ」

「テニスを通して繋がっているということ」

そんな我々は『スポーツクリエイト』その名の通り

お子様からシニアまで三世代に渡って

その地域に暮らすすべての方へ

スポーツを通して感動や喜びを提供したい。

今だからこそ、今まで以上に。

皆様の毎日がもっと輝くように。